萩まちじゅう博物館ホームページ
罫線
 
萩まちじゅう博物館とは >
 
(1) 研究・保存
  おたからをデータベース化し、それを管理する活動
おたからを再発見・新発見する活動
おたからを保存・保全し、見守る活動
(2) 展示・情報発信・活用
  地域を屋根のない博物館ととらえ、現地でありのままにおたからを展示する活動
おたから情報を通して萩の文化を解説(インタープリテーション)する活動
おたから情報を発信・公開する活動
おたからの特性を生かした公共空間づくり
(3) 拠点整備と周辺整備
  まちじゅうへの出発点、情報拠点(コア)として萩博物館を整備すること
地域にあるおたからやその場所をまちじゅうの展示室(サテライト)として整備すること
サテライトを様々な物語でめぐる散策路「発見の小径」(トレイル)を整備すること
(4) 「心のふるさと・萩」のおもてなし
  萩を訪れた人々が「もう一度萩に行きたい」と思うような、彼らを迎え入れた市民が「萩に住んで良かった」と日々思えるようなおもてなし活動

 

萩まちじゅう博物館って何? 誰がやっているの?
■ 具体的に何をするの? どうやって楽しめるの?
萩まちじゅう博物館ってどこ?  

 

罫線

萩市まちじゅう博物館推進課 
〒758-8555 萩市江向510番地 TEL:0838-25-3290

萩まちじゅう博物館