萩まちじゅう博物館ホームページ
罫線
 
ワンコイントラスト >
 

ワンコイントラスト運動とは
 萩市とNPO萩まちじゅう博物館は、萩市のまちづくりの基軸となる萩まちじゅう博物館を推進するため、 協働でワンコイントラスト(100円信託)運動を展開することとなりました。
 これは、これまでの「寄付箱(どねいしょんボックス)」に代わるもので、 観光客や市民の皆さんから寄せられた信託金により、萩の文化遺産を大切に保存・活用し、 萩にしかない宝物を次世代に伝えていこうとするものです。
 世界的遺産とも言える「萩のまち」を保存する運動、ワンコイントラスト(100円信託)にご理解とご協力をお願いします。
  (1) 実施主体
ワンコイントラスト委員会
萩市とNPO萩まちじゅう博物館がワンコイントラスト運動を 推進するために設置した委員会です。
(2) 設置場所
下記の8箇所です。

道の駅萩しーまーと
萩博物館・道の駅萩往還内松陰記念館・旧山村家住宅・渡辺蒿蔵旧宅・旧萩藩校明倫館内有備館、大河ドラマ館、玉木文之進旧宅
(3) 開始時期
2005年2月17日(木)
(4) 実施要領 (概要)
ワンコイントラストボックスは萩市が設置し、信託金の集金等はNPOまち博が行っています。信託金の累計額やトラスト物件の選定等の情報は、市報やホームページなどで公表します。

戻る

罫線

萩市まちじゅう博物館推進課 
〒758-0057 萩市堀内355番地 TEL:0838-25-3290

萩まちじゅう博物館